FC2ブログ
 

HOUSE!HOUSE!

10月号の感想(本チャン4)

いざ雪子さんについて書こうとしてみると・・・遡っていろいろ出てきてしまい・・・。
とても“10月号の感想”と銘打てなくなってきてしまいました。
こちらは後日改めて考察として書かせて頂きたいと思います。すみません。


あれこれ見苦しい自分語りなどを晒してしまいましたが、とりあえず今回考え込む原因の一つとなった「雪子さんの“気になる”は恋愛感情なのか」についてだけ書きます。
お付き合い頂ければ幸いです。

いつもいつも、長ったらしく感想を書いていますが今回だけは(いつもよりは短いし)少しでも早く終わらせたいですorz

ネタばれなのでたたみます。



以下私信です

8/31に拍手コメ下さったMさんへ
遅くなってすみません。
「すいません」はずっと言いたかったことだった・・・に同意してくださってありがとうございます。
私も頭グルグルです。
そうですね・・・鈴木の死が薪さんに責任があるかどうかは別として・・。
後、個人的に雪子さんが責めたり怒ったりしてるのは、「鈴木を殺めたこと」ではなく「今現在の薪さんの言動」だと思っているので・・・。
「克洋くん殺したくせに!」ではなく「そんなこと言わないで!」と言いたいんじゃないかと・・・。甘いでしょうか?
薪さんの「すいません」が「鈴木を奪ってごめんなさい」だけだったら嫌だなと・・・思っています。結局雪子さんの言いたいことが伝わってないことになってしまいそうで・・・。
そして薪さんが間違った方向に自分を責めそうで・・・。
無理かもしれないけど、一度言葉を尽くして話して“決別という形の和解”を取ってほしいとも思っています。
私も辛いシーンだけど、哀しいだけではないと思っております。


9/1に拍手コメ下さったYさん
以前にも拍手コメ頂いたように思います。
見ていて下さったのですか(@_@;)なんだか恥ずかしいです!!
そうですね・・・憎まれるために出てきたんじゃないと思いたいです。
いえ私の場合は、雪子さんが可哀そうというよりは「ストーリーとして薄くなる」「作中で語られることが全て薪さんよりなのは、一方的すぎる」とか冷たい考えに裏打ちされたものなのですが・・・。(薄情ですみません)
触発されたと言って下さって嬉しかったです。
実はYさんのレビュー読ませていただきました。(こんなとこですいません)
ああ、そうかそんな見方もあったのかあ・・・と衝撃でした。
そうですね・・。「痛みがあることを見ない」という可能性もあったんですよね・・。

読ませて頂いて少し思ったのですが・・・
雪子さんが薪さんを、憎むの憎まないの責めるの責めないのの前に、「現実を見られるか」というハードルがあったと思います。
人間は弱いです。「現実そのもの」より「自分が見たいもの」を見ようとすることが実は思いのほか多いと思うのです。(郁子ほど極端ではなくとも)
雪子さんが薪さんを責められない一因には、「つよしくんが克洋くんを撃った」の前に「克洋くんがつよしくんを撃とうとしたなんて・・・」があるからだと思います。
しかしここで「自分の見たいもの」に縋りついて、
「克洋くんがつよしくんを殺そうとした・・・!?嘘!!何かの間違いに決まってる!あの優しい人がそんなことするはずない!!」
「本当は助けられたのに、つよしくんが克洋くんを見捨てたに決まってる!!」
と自分と自分の中の鈴木を守ることだけを選んで、薪さんに痛みがあることを見ようとせず(ある意味での)心の安寧を得ることもできたと思います。
それを選ばなかっただけでも、私は彼女を評価します・・・。私は責めるとか責めない以前に、この道を選ぶ可能性が最も高いので・・・。

続きを読む

スポンサーサイト



PageTop